矯正治療で歯並びをキレイに

歯並びが気になる場合には、矯正治療をおすすめします。矯正治療といえば「子どもの治療」と考えられがちですが、実は年齢制限はなく、何歳になっても受けられます。小児矯正・成人矯正ともにメリット・デメリットがあり、当クリニックでは包み隠さずお話しし、ご理解いただいたうえで治療を開始いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

【子どもの悪い歯並びについて】

子どもの悪い歯並びについて

最近では、学校の歯科検診により虫歯のある子どもは減ってきているものの、歯並びが乱れている子どもは増えてきているようです。子どもの歯並びは、指しゃぶりや爪を噛むクセ、また口呼吸などといった口腔習慣が原因となって乱れてしまいます。このようなクセを続けていると、歯並びや噛み合わせだけでなく、骨格や顔の形などにも悪影響をあたえてしまうことがあります。発音や呼吸、噛むことや飲み込むことなどのお口の機能に問題を起こしてしまうことも。

嶋デンタルクリニックでは、小児矯正を通して、歯並びに影響を与える悪癖(あくへき)に気を配り、お子様の正常な発育の手助けを行っています。虫歯の予防とともに、歯並びにも目を向けることが大切なのです。

第一期治療
(永久歯に生えかわる前の準備矯正)
360,000円~(税抜)
第二期治療
(永久歯に生えかわってからの本格矯正)
400,000円~(税抜)

不正咬合の種類

上顎前突(出っ歯)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)は、上の前歯が大きく前に突き出している状態のことです。前歯だけ出ている場合や歯列全体、もしくは上顎ごとの場合があります。日本人に比較的多い不正咬合です。
下顎前突(受け口)
下顎前突(かがくぜんとつ)は、下の歯が上の歯より前に出ている状態のことです。下顎の過度の成長や上顎の成長不足など、骨格に問題がある場合があります。別名、「反対咬合」とも呼ばれます。
開咬

開咬(かいこう)は、奥歯を噛み合わせたとき、上下の前歯が閉じずに開いている状態のことをいいます(まれに、前歯を噛み合わせても奥歯が噛み合わないケースもあります)。

開咬は、歯並びによるものと骨格によるものとに分かれますが、幼年期の指しゃぶりや口呼吸が原因となることが多いといわれています。

叢生(乱杭歯、八重歯)
叢生(そうせい)は、乱杭歯(らんぐいし)とも呼ばれる歯並びで、歯がデコボコに生えている状態のことです。八重歯もその一種です。歯が捻転(ねんてん)して正面を向かずにねじれて生えていることもあります。歯の大きさに対して顎が小さく、キレイに並ぶスペースが足りない場合に起こりやすい歯並びです。
過蓋咬合
過蓋咬合(かがいこうごう)とは、正面から見て、下の歯が見えないくらい上の歯が深く被さっている歯並びです。歯ぐきを傷つけやすかったり、物が噛みづらかったりします。
上下顎前突
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、上下の歯列がともに前に突き出ている歯並びです。外見上も口元が出ているように見えます。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり、唇が傷ついたりしやすくなります。
交叉咬合
交叉咬合(こうさこうごう)とは、左右いずれかの上下の歯並びが、一部分ズレて、スライドするように交叉している歯並びです。奥歯で物をうまくすりつぶせなかったり、前歯の中心がズレたり、顔がゆがんだりする恐れがあります。開咬と同様、指しゃぶりが原因になる場合があります。
正中離開(空隙歯列、すきっ歯)
正中離開(せいちゅうりかい)は、空隙歯列(くうげきしれつ)や「すきっ歯」とも呼ばれる、歯と歯の間にすき間がある歯並びのことです。叢生の場合と反対で、顎に対して歯が小さい場合や、歯の本数が足りない場合に起こりやすくなります。食べ物が挟まりやすく、目立ちます。
切端咬合
切端咬合(せったんこうごう)とは、上下の前歯の先端同士がまっすぐぶつかっている歯並びです。舌癖(ぜつへき)や口呼吸、また顎の骨の成長異常などが原因となるようです。

【矯正の費用】

成人矯正 800,000円~(税抜)
  • ページの上部に戻る

取り扱い矯正装置

床矯正
乳歯から永久歯に生え替わる時期のお子様に用いられることが多い、入れ歯のような取り外しできる矯正装置です。就寝時などを中心に毎日一定時間装着することで顎の大きさを広げていき、歯が正しく並ぶスペースを確保していきます。取り外し可能なため、食事やブラッシングも問題ありません。
費用:一装置につき 50,000円~(税抜)
セラミックブラケット
歯の表面に「ブラケット」という小さな装置を付けてワイヤーを通す一般的な矯正装置ですが、ブラケットがセラミック製なのが特徴です。歯の色とも調和しやすいため、装置自体はあまり目立ちません。メタルブラケット(金属製のブラケット)に比べて目立たないのが利点ですが、やや高額になります。
デーモンシステム
ブラケットの中で、ワイヤーが動く仕組みになっています。必要最低限の力で歯を移動でき、摩擦による痛みを軽減し、歯にやさしいうえに治療期間を短縮できる装置です。ブラケットそのものが小さいのでさほど目立たず、ブラッシングも比較的容易です。
インプラント矯正
矯正用インプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にワイヤーを用いて歯を移動させる矯正方法です。インプラントを埋め込むための手術が必要になりますが、確実に歯を移動させることができ、短期間(ワイヤーを用いる矯正のおよそ半分)でよい結果が出るといわれています。
費用:100,000円~(税抜)

【口腔筋機能法(MFT)について】

口腔筋機能法とは、お口のまわりの筋肉(舌や口唇、顔面の筋肉など)を強くし、バランスよく、正しく口腔を機能させるためのプログラムです。お顔の筋肉を鍛えるので、フェイスラインをスッキリ引き締める効果も期待できます。当クリニックでは、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼす口腔習慣を改善するプログラムや、口呼吸によるドライマウス(口腔乾燥症)を改善するプログラムなどをご用意していますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。
費用:1回 3000円(税抜)

歯並びが気になる方、キレイにしたい方はお気軽にご相談ください

  • ページの上部に戻る