大切な歯を守るための虫歯治療

虫歯はごく初期の段階であれば削らずに済むこともありますが、放っておくとどんどん進行し、歯を削るどころか最悪の場合は歯を抜かなければならなくなることもあります。自然治癒することがない虫歯。
「虫歯かな?」と思ったら、早めに当クリニックにご相談ください。

虫歯のなりたちについて

虫歯は、「歯質」「虫歯菌」「糖分」、そして「時間」の4つの条件が重なったときに発症すると考えられています。4つの条件が重なる度合いが大きければ大きいほど、虫歯リスクは高まります。

歯質 歯の質が弱いと虫歯菌の出す酸に溶けやすく、虫歯リスクが高まります。
虫歯菌 お口の中に無数に存在する細菌の一つに虫歯菌があり、虫歯菌(ミュータンス菌など)は歯を溶かす酸を出します。
糖分 お口に残っている食べカスに含まれる糖分は、虫歯菌の栄養となります。虫歯菌が糖分を分解して出す酸が歯を溶かすのです。
時間 食べ物や飲み物を摂ってからブラッシングまでの時間が長ければ長いほど、虫歯になるリスクは高まるといわれています。

虫歯の進行度と治療法について

虫歯はその進行状況によって、4段階に区分されます。C1(シー・ワン)~C4(シー・フォー)で、数字が大きくなるほど進行していることを示します。

C1:虫歯の初期
C1:虫歯の初期

【症状】
歯の表面のエナメル質が酸に浸食されている状態です。歯の表面に斑点状の白濁や黒い着色が見られます。「痛み」などの自覚症状はありません。

【治療法】

  • CR(歯科用プラスチック)充填
    その日に削ってその日に詰めます。後日、研磨することもあります。
  • 金属の詰め物(金属のインレー)装着
    CR充填では対応できない場合の治療です。削ってから型を取り、次回来院の際にセットするので、通院は最低2回です。

※自費診療(審美歯科)では、金属以外の詰め物も選択できます。

C2:虫歯の中期
C2:虫歯の中期

【症状】
エナメル質の内側の象牙質まで浸食されている状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、痛みが出てくることもあります。

【治療法】
虫歯の範囲により、CR充填、詰め物・被せ物(金属冠など)のセットがあります。詰め物や被せ物の場合、削ってから型を取り、次回セットとなりますので、最短で2回の通院が必要です。

※自費診療(審美歯科)では、金属以外の詰め物も選択できます。

C3:虫歯の後期
C3:虫歯の後期

【症状】
象牙質の奥の歯髄(しずい:歯の神経)まで達した虫歯です。激しい痛みを伴い、しみるだけでなく、物が噛めなかったり、腫れたり、歯が浮いたりといった症状が出ることがあります。

【治療法】
抜髄(歯髄の除去)の後、根管治療をします。そして、コア(被せ物の土台)を設置してから被せ物をします。

C4:虫歯の末期
C4:虫歯の末期

【症状】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根のみが残っている状態です。最後は歯を支えている顎の骨にまで病巣が広がり、歯肉の腫れや化膿を引き起こします。

【治療法】
腫れや痛み止めの処置を行ってから、多くの場合は抜歯となります。抜歯後は入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

  • ページの上部に戻る

深い虫歯も治せます【根管治療について】

虫歯がC3ぐらいに進行してしまうと、歯の神経を除去する必要が出てきます。そのための治療を「根管(こんかん)治療」といいます。根管治療は、きちんとした土台をつくる治療で、神経が入っている管(根管)から感染物質を除去し、洗浄・消毒して薬剤を詰めます。この治療により、従来では抜かざるをえなかった歯を残すことが可能になります。

根管治療のポイント

根管治療では、根管内の感染部位をしっかり取り除き、消毒後は薬剤をしっかり充填して細菌が入らないようにすることが重要です。建築において基礎部分をしっかりつくらないと、上にせっかく素晴らしい建物を建てても長くもちしないように、根管治療でしっかり土台をつくらないと、その歯の寿命を縮めてしまうかもしれないのです。

ただ、根管の形状は1本1本異なるうえに、曲がっていたり枝分かれしていたりと、とても複雑な構造なため、肉眼だけに頼った治療では難しいのが現状です。そのため、当クリニックでは根管治療に歯科用CTを採用。細心の注意を払って歯の土台づくりとなる根管治療を行います。

虫歯がかなり進んでしまった、他の歯科医院で抜歯をすすめられたという方は一度当クリニックにご相談ください。もしかしたら、抜歯せずに済むかもしれません。

虫歯になる前に予防しましょう

  • ページの上部に戻る

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、無呼吸になる病気のことです。無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まり、この状態が7時間に30回以上、もしくは1時間あたりに5回以上繰り返す状態のことです。まずは下記のチェックリストをご確認ください。

セルフチェック!以下の症状が当てはまったら要注意!

  • 息が止まる時がある
  • いびきをかく
  • 息が苦しくなって目が覚めてしまう
  • 居眠りしてしまう
  • 集中力の低下
  • トイレに行きたくて目が覚めてしまう
  • 最近太った、または太っている

当てはまる項目がある方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません。脳や身体が断続的に覚醒した状態になるため、身体も休まらず、無意識のうちに負担となっていきます。発病の自覚がなかったために高血圧や循環器系疾患、脳卒中などの大きな病気に発展する可能性もある、おそろしい病気でもあります。
お心当たりのある方や、ご家族に症状がみられるようでしたら、まずは当院までご相談ください。

SASを治すには?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のマウスピースによる治療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、主に専用のマウスピースを使用して治療します。下顎を上顎よりも前に出すように固定することで、上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。

また当院では内科医の方とタイアップし治療を行っており、患者様の重症度に合わせて治療を進めてまいります。
少しでも気になる方は、お気軽にご相談ください。

  • ページの上部に戻る